本文へスキップ

糖尿病検査キット  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 糖尿病検査 > 糖尿病検査キット

糖尿病検査キット 糖尿病検査


糖尿病検査キット

会社勤めの方なら健康診断を受けさせることが事業所に義務付けられているので、年に最低一度は費用を全額会社負担で健康診断を受けることが出来ます。

また、自営業者や退職者の方も、地域で行われている定期健康診断に申し込めば、無料から1000円程度の自己負担で年に1~2回の健康診断を受けることが可能です。

糖尿病はかなり進行するまで目立った自覚症状がなく、多くの合併症を伴う恐ろしい病気ですが、健康診断の中には糖尿病の傾向をチェックする検査項目が必ず含まれていますので、毎年健康診断を受けていれば早期発見できる可能性が大幅に上昇します。

したがって少ない自己負担で受けられる会社や自治体が行っている健康診断は必ず受けるようにして下さい。

ただ、子育て中や出張等で中々健康診断を受けられない人も中にはいることと思いますが、このような人でも自宅で簡単に糖尿病の検査を受けることが出来ます。

それが糖尿病検査キットと呼ばれる商品です。

これは製薬会社や検査機関がネット通販等を通して販売している検査キットで、自宅で検体を採取し、郵送で検査機関に送ると後日結果が返送されてくるというシステムになっています。

上記のように、忙しくて中々健康診断を受ける暇が無い人や、高齢者など自宅から出るのが困難な人にはお勧めです。

糖尿病以外にも目的別に様々な検査キットが売られていますが、検査の精度に関して言えば、ほぼ病院で受ける検査と変わらない精度の結果を得ることが出来ます。

というのも、医療機関で採取された血液や尿も一般的な検査や迅速検査と呼ばれる検査以外は、外部の検査機関に依頼を出しているケースが殆どで、検査キットで採取された検体の検査も、病院からの依頼を受けている検査機関が行うからです。

わざわざ病院や健康診断を実施している会場まで足を運ぶ必要が無いため、とても便利なキットですが、デメリットもあります。

一番大きなデメリットは費用面でしょう。

この検査キットは自治体や企業で配布されるものではありませんし、もちろん健康保険の適用外となりますので全額自己負担となります。

また、検体は指先に針を挿して数滴の血液を採取するのですが、自分で指先に針を刺すのが怖い人や説明書やマニュアルを読むのが苦手な人には向いていない商品といえますね。

PR




【関連記事】


→ 糖尿病の検査の重要性
→ 糖尿病検査の種類
→ 血糖値の基準



ナビゲーション



  •