本文へスキップ

経口血糖降下薬使用時の注意点  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 薬物療法 > 経口血糖降下薬使用時の注意点

経口血糖降下薬使用時の注意点 薬物療法


経口血糖降下薬使用時の注意点

糖尿病に対して処方される経口血糖降下薬は、血糖値を下げることを目的としています。

したがって、日々変動する血糖値の測定は不可欠です。

これらの薬を投与する条件としては、食事療法と運動療法がきちんと出来ているということが前提となります。

また、スルフォニル尿素薬には、副作用として体重が増加するケースがありますので、BMI値が低い人(太っていない人)であることも条件となります。

糖尿病の状態や体質などによって投与される薬の種類は変わってきますが、血糖値を下げるという作用には変わりありません。

血糖値は食後急激に上昇しますので、そのタイミングに合わせて服用することが大変重要です。

もし、血糖値が上昇していない状態で経口血糖降下薬を服用すると、低血糖発作を引き起こす危険性があります。

低血糖発作とは、血糖値が急激に低下することで体中の細胞がエネルギー不足を引き起こしてしまう症状です。

具体的には、吐き気、発汗(冷や汗)、血色不良、赤ら顔、記憶障害や言語障害、歩行困難、意識消失、神経障害、動悸などを引き起こし、最悪の場合死に至るケースもあるため、服用する時間は厳守しなければなりません。

高血糖に比べ低血糖は急激に発作に見舞われるケースが多いので十分に注意して下さい。

万が一、薬の服用後に頭がぼーっとしてきたり、眠気に襲われたり、ろれつが回らなくなるなどの症状が出てきたら低血糖発作の前兆です。

こうした事態に備えて、ブドウ糖のタブレットやあめ玉など糖分をすぐに補給出来るものを常備しておきましょう。

また、肝臓に直接作用するビグアナイド薬は肝臓に障害がある人には不向きですし、筋肉や脂肪に作用するチアゾリン薬を服用する場合には、筋肉量が少ない人(高齢者など)には処方出来ません。

冒頭で述べた通り、食事療法や運動療法をきちんと行い、日頃の健康状態を良好に保つことも、経口血糖降下薬を飲む際の条件であるということを忘れてはいけません。


PR




【関連記事】


→ 薬物療法の基本
→ インスリン注射とは
→ 経口血糖降下薬の種類





ナビゲーション



  •