本文へスキップ

経口血糖降下薬の種類  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 薬物療法 > 経口血糖降下薬の種類

経口血糖降下薬の種類 薬物療法


経口血糖降下薬の種類

糖尿病の治療で使われる飲み薬を総じて経口血糖降下薬と言います。

読んで字のごとく、血糖値を下げるための飲み薬です。薬物療法の基本の章では、その種類について簡単に紹介しましたが、この章では経口血糖降下薬の特徴についてもう少し詳しく説明していきましょう。

膵臓のβ細胞に働きかけてインスリン量を増加させるのがスルフォニル尿素薬で、II型糖尿病の経口薬としては一番使われている薬剤です。

この薬にはインスリンを増加させる作用がありますが、そもそも膵臓が機能不全を来している場合には効果が期待出来ません。

ある程度膵臓のインスリン産生能力が残っている場合に有効とされています。

また副作用として体重増加がありますので、食事療法や運動療法と合わせて体重のコントロールをすることになります。

スルフォニル尿素薬と良く似た作用をする薬が速攻型インスリン分泌促進剤です。

この薬の場合、服用後30分以内に効果が現れ、その後すぐに効き目が消失します。

したがって飲むタイミングが重要となってきます。

次に紹介するのは食前の血糖値はそんなに高くなくとも、食後急激に血糖値が増加するタイプの患者さんに処方されるもので、α-グルコシターゼ阻害剤と言います。

この薬は小腸でのブドウ糖の分解吸収を遅らせるのが目的です。

次に紹介するのは、肝臓に作用してブドウ糖の再合成を抑制するビグアナイド薬です。

糖尿病の治療薬に共通する副作用として、飲むタイミングを間違えると低血糖発作を起こしやすくなるというのがありますが、このビグアナイド薬は比較的低血糖発作を起こしにくいとされています。

しかし、肝臓に作用するため、肝機能障害のある人には不向きです。

また脂肪や筋肉細胞に働きかけインスリンの効き目を高める作用のあるのがチアゾリン薬です。

これも比較的低血糖発作を起こしにくい薬剤ですが、インスリンが一定の水準以上分泌されているということが条件となりますので、初等から中等度以前のII型糖尿病患者さんに対して処方されます。

最後に、最新の糖尿病治療薬を紹介しましょう。

これはDPP-4阻害剤という薬で、小腸から分泌されるインクレチンというホルモンに作用し、血糖値の高い時だけにインスリンの分泌を促す働きがあります。

上記の薬に比べると、体重増加や低血糖などの副作用を起こしにくいというメリットがありますが、胃腸障害を引き起こす可能性が報告されています。


PR




【関連記事】


→ 薬物療法の基本
→ インスリン注射とは
→ 経口血糖降下薬使用時の注意点



ナビゲーション



  •