本文へスキップ

薬物療法の基本  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 薬物療法 > 薬物療法の基本

薬物療法の基本 薬物療法


薬物療法の基本

糖尿病と診断され、食事療法や運動療法でも血糖値のコントロールが不安定な人や、I型糖尿病(膵臓からインスリンが殆ど分泌されていないような状態)の患者さんには薬物療法が行われます。

糖尿病と聞くとすぐにピンと来るのはインスリンの自己注射ですが、これは主にI型糖尿病の患者さんが行う薬物治療です。

まだ膵臓の機能が残っているII型糖尿病の患者さんには、インスリン自己注射以外の薬物療法が選択されます。

それが経口薬による投薬治療です。

この時投与される経口薬にはいくつか種類がありますので、この章では主にこの経口薬について簡単に説明していきたいと思います。

糖尿病の治療で処方される経口薬の種類には、血糖値を全体的に下げる薬と食後高血糖を改善する薬とがあります。

更に血糖値を全体的に下げる薬には、膵臓内のインスリンを作り出すβ細胞に作用して分泌を促す薬(スルフォニル尿素薬)、肝臓がブドウ糖の再合成をする事を阻害し、筋肉のブドウ糖利用を促進させる薬(ビグアナイト薬)、脂肪細胞に作用してインスリンの働きを邪魔しないようにして、インスリン効果を高める薬(インスリン抵抗性改善薬)などがあります。

一方、食後高血糖を改善する薬には、デンプンや糖質の分解と吸収を抑制させる薬(α-グルコシダーゼ阻害薬)、スルフォニル尿素薬と同様の働きをするもののすぐにその効果があらわれて短時間で消失する薬(速効型インスリン分泌促進薬)などがあります。

いずれの薬も糖尿病の状態によって最適なものが選択されますが、合併症や他の基礎疾患(高血圧症や動脈硬化症)も見られる場合には、それらの疾患に対する治療も同時に行われます。

場合によっては、合併症の治療が優先的に行われ、症状が緩解してから糖尿病の治療薬が投与される場合もあります。

糖尿病の経口薬を投与する主な目的は、血糖値をコントロールして合併症の発症を抑えることにあります。

糖尿病を基礎疾患とする糖尿病性○○という合併症の予防はもちろんですが、生活習慣病が糖尿病の基礎疾患となる場合もあります。

薬のお世話になる前に、生活習慣を見直して健康維持に努める様にしましょう。


PR




【関連記事】


→ インスリン注射とは
→ 経口血糖降下薬の種類
→ 経口血糖降下薬使用時の注意点



ナビゲーション



  •