本文へスキップ

糖尿病と炭水化物の関係  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 食事療法 > 糖尿病と炭水化物の関係

糖尿病と炭水化物の関係 食事療法


糖尿病と炭水化物の関係

糖尿病を気にする人は糖分と脂肪分の摂取を制限しようとします。

しかし、厳密に言えばこれは少し間違った認識だと言えます。

食事や間食で摂取する糖分や脂肪分はエネルギーに転化しやすく、食後数時間で消費されてしまいます。

問題なのは炭水化物が体内で糖分に分解されるというプロセスなのです。

皮下脂肪も実は炭水化物から作られます。

それでは炭水化物が体内でどの様に変化するのかを説明していきましょう。

炭水化物は体内に取り込まれる際にブドウ糖と脂質とに分解されます。

この時に作られるブドウ糖はすぐにエネルギーとして消費される成分です。

脂質は更に分解され、内臓に蓄えられる脂肪と皮膚組織の細胞の間に蓄えられる皮下脂肪とが作られます。

この脂肪分にも命を支える重要な役割があります。

内臓に蓄えられる脂肪は、体内のブドウ糖が不足した時に分解されて、ブドウ糖が再合成される時の原料となります。

皮下脂肪は内臓脂肪の次に消費されるもので、ブドウ糖の最終的なストックになります。

この他、皮下脂肪には身体が冷えすぎないようにしたり、外部の衝撃から内臓を保護するという役目もあります。

このように、体内に蓄えられる脂肪の多くは、炭水化物を原料として作られるものなのです。

したがってカロリーが高い食品でも、炭水化物の含有量が少なければすぐにエネルギーとして消費されるため「太る」リスクは低くなるのです。

しかしながらカロリーの高い食品を大量に取ると、それだけ炭水化物から作られるブドウ糖の量は相対的に少なくなり、その分脂肪として体内に蓄えられると考えられるので、適切なカロリー摂取を心がけるべきです。

また炭水化物は命を維持するために無くてはならない栄養素ですので、控えすぎるのは良くありません。

他の栄養素と合わせてバランス良く摂取するのが大切なのです。

糖尿病にかかってしまった人はインスリン量が不足するため、ブドウ糖をエネルギー源として受け渡すことが出来なくなってしまいます。

こうなると血液中にはいつまでも消費されないブドウ糖が残っていることになり、そこに食事で補われる糖分も加わり、更に炭水化物からもブドウ糖と脂質が作り続けられるため、血糖値はずっと高い状態が維持されることになります。

糖尿病の診断基準として血糖値が測定されるのは、こうした体内の異変を調べるためなのです。


PR




【関連記事】


→ 糖尿病とお酒
→ 外食をするときの注意
→ 糖尿病おすすめレシピ



ナビゲーション



  •