本文へスキップ

糖尿病とお酒  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 食事療法 > 糖尿病とお酒

糖尿病とお酒 食事療法


糖尿病とお酒

日常的に飲酒をしている人は糖尿病の発症リスクが高まります。

特に一日に日本酒で2合以上飲んでいる人は、将来的に糖尿病になりやすい人だと言えます。

それでは飲酒の何が糖尿病にとって悪いのかを考えていきましょう。

まず、アルコールは人間の身体にとって「毒素」だということを理解しましょう。

飲み過ぎは身体に良くないということは常識ですが、二日酔いで経験する頭痛や吐き気、胸焼け等は全てアルコールが毒素であることの証拠です。

しかし、酒は百薬の長と言いますし、赤ワインも身体に良いとして話題になるのに、それが毒とはどう言うことなのでしょうか?

飲酒等で体内にアルコールが摂取されると、アルコールを分解するための酵素が肝臓で作られます。

アルコールは結構強い毒素なので、肝臓ではアルコールの分解が優先的に行われます。

これが少量のアルコールなら肝臓の機能が活性化して全体の血流が増し、代謝が上がるので健康にとっては良い作用をもたらすのです。

毒も使い方によっては薬になるということですね。

またお酒は原料となる穀物や果物のミネラルやビタミンなどの有効成分が凝縮されている上に、発酵作用で糖質が分解されブドウ糖が作られています。

日本酒やワインの自然な甘みは発酵の結果出来たブドウ糖の甘さなのです。

こうした成分も人の健康にとっては良いものが多く、適量を摂取するなら身体に良いという理由となります。

しかし糖尿病になるとアルコールの分解が優先されるためインスリンの分泌が阻害されてしまいます。

またアルコールの脱水作用は血液中の水分を体外に排出させやすくするために血液の濃度が高くなり、その上血糖値が高い状態が持続することで血栓が出来やすくなってしまいます。

これでは、高血圧や心臓病、脳梗塞等の合併症のリスクが急上昇してしまいますね。

ですから基本的に糖尿病の診断を受けている人の場合、飲酒はNGとなります。

しかし投薬を受けていない人(インスリン自己注射を含む)で体重が標準以下、かつ長期にわたって血糖値が良好にコントロールされている人であれば、少量のアルコールなら大丈夫とされています。

とはいえ自己判断で飲酒するのは危険ですので、医師と相談のうえ限界量を決めてそれをちゃんと守れる人に限ります。


PR




【関連記事】


→ 食事療法を長続きさせるコツ
→ 食品交換表を上手に使おう
→ 糖尿病と炭水化物の関係



ナビゲーション



  •