本文へスキップ

糖尿病食の宅配サービス  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 食事療法 > 糖尿病食の宅配サービス

糖尿病食の宅配サービス 食事療法


糖尿病食の宅配サービス

糖尿病の治療のメインは食事療法と運動療法になります。

しかし、医師の指示に従って制限カロリー内での食事の献立を毎日考えるのはとても骨の折れる作業です。

そこで近年注目を集めているのが糖尿病食の宅配サービスです。

糖尿病は高齢者になればなるほど発症リスクが高まります。

気軽にスーパーに買い物に行けない高齢者の場合、食べ過ぎと同様に食べなさ過ぎることが問題となる場合もあります。

栄養不足も糖尿病には決して良い状態ではないのです。

そこで宅配サービスを利用すると、療養計画に基づいた糖尿病食を宅配してくれるのでとても安心出来ますね。

冷凍食品で有名なニチレイが運営しているニチレイダイレクトフーズでは、調理済みの糖尿病食をレトルトパックで宅配してくれるので、調理も手間要らずです。

また冷凍トレーでお弁当のように盛りつけた状態で一食分から宅配してくれる業者にミールタイムがあります。

こちらは専属の栄養士が考えた療養食を選べるサービスで、一食600円弱からオーダー出来る手軽さで人気を博しています。

またメニューを考えるのが面倒くさいし、料理も苦手、そんな人には美食倶楽部のBC400がお勧めです。

こちらは70種類以上のメニューから毎週1回5日分の調理済み糖尿病食が自宅に届きます。

これならメニューを選ぶ手間もなく調理も簡単です。

更に美食倶楽部のBC400なら一食あたりのカロリーが400kcal以下で栄養バランスもよく考えていられるので安心して召し上がれます。

これらの業者は全国展開しています。

インターネットで検索するとヒットしますので一度サイトをご覧になってみてはいかがでしょう?

こうした出来合いの食事を宅配してもらうのも一つの選択肢ですが、自炊が可能な人なら糖質制限に有効な食材を宅配してもらって自分で調理するというのも良いでしょう。

自炊なら味の調整や工夫がしやすいので、食べる楽しみを損なわずに糖尿病の治療を続けることが可能です。

インターネットで検索すると食材の宅配サービスには多くの業者が登録されています。

特に主食の米や根菜類は持ち帰るのが大変ですので、宅配サービスを利用するのが良いと思います。

糖尿病には白米よりも玄米や雑穀米の方が良いとされています。


PR




【関連記事】


→ 糖尿病おすすめレシピ
→ 外食をするときの注意
→ 食品交換表を上手に使おう



ナビゲーション



  •