本文へスキップ

間食をするときの注意  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 食事療法 > 間食をするときの注意

間食をするときの注意 食事療法


間食をするときの注意

食べることが大好きな糖尿病患者さんにとって間食(おやつ)の問題は実に切実な問題だと思います。

そこでこの章では糖尿病と間食の関係について考えてみたいと思います。

しかし、この問題を考える場合には糖尿病の患者さんと、健常者だけど糖尿病は予防したい人に分ける必要があるでしょう。

まず、糖尿病の患者さんについて説明していきましょう。

糖尿病患者さんにとって間食とは、おやつだけをさすものではありません。

自己注射の治療を行っている人には、間食を摂ることが血糖値をコントロールするための重要な食事の一つでもあるのです。

この時は状態にもよりますが、比較的糖質の高い軽めの食事を食べたりします(例:おにぎりや惣菜パンなど)。

まだそこまで症状が進んでいない人は、食事療法の一環として、乳製品又は果物を指定カロリーの範囲内に収まるように食べるのが一般的となります。

指定カロリーの範囲は、主治医の指示に従うことになりますが、塩分の高いスナック菓子や一般的なスィーツ、甘い清涼飲料水などは脂質と糖質が高いので、糖尿病にはあまり好ましくないとされています。

ただ、これらを全て制限することは実生活では難しいですし、食事療法に対するモチベーションが下がるなど、治療面でも悪影響を及ぼす可能性が懸念されます。

そこで1日の摂取可能なカロリー量、糖質、塩分の量を把握しておき、間食を購入する時にはパッケージに記載されている成分表示を参考にして、間食で食べた分のカロリー量を食事の量で調整しながら摂ると良いでしょう。

お菓子作りが好きな人なら、手作りすれば量の調整等は可能ですね。

また1日分のおやつを小分けして管理するという方法もあります。

我慢してストレスを溜めるより、どうやったら食べられるかを研究する方が治療に対してのモチベーションも上がりますので、主治医と相談の上実践してみて下さい。

健常者で糖尿病を予防したい人も、食事に気をつけるのと同様に、間食に関してもパッケージに記載されている成分表を気にしながら購入するくせをつけると良いでしょう。


PR




【関連記事】


→ 外食をするときの注意
→ 食品交換表を上手に使おう
→ 食事療法を長続きさせるコツ



ナビゲーション



  •