本文へスキップ

糖尿病神経障害とは  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 糖尿病の基礎知識 > 糖尿病神経障害とは

糖尿病神経障害とは糖尿病の基礎知識


糖尿病神経障害とは

糖尿病の3大合併症の中で最も早期に症状が現れるのが糖尿病性神経障害と言われています。

実は糖尿病が進行してあらわれる自覚症状の多くが、この糖尿病性神経障害であるとも言われているのです。

ではこの病気を合併するとどのような症状を呈するかを見ていきましょう。

主な症状は立ちくらみやめまい、無痛性心筋梗塞、消化器症状(胃部無力症など)、排尿障害、ED(勃起不全)、下肢の潰瘍または痺れや痛み、便秘、顔面神経麻痺、眼筋けいれん麻痺などほぼ全身の至る所に何らかの症状があらわれます。

人間の神経には主に臓器の働きや免疫力などに指令を送る自律神経と痛みやかゆみなどの外部の刺激を感じるための末梢神経とに大別されますが、そのどちらにも悪影響が生じてくるのです。

糖尿病性神経障害の原因もやはり慢性的な高血糖状態による血流障害です。

血液の流れが悪くなることで、脳には十分なブドウ糖と酸素が回らずに体中に指令を出す神経細胞にも次第に悪影響が出はじめてくるのです。

この病気の厄介なところはこうした症状の多様さです。

自身が糖尿病と知らずにただ疲れやストレスからめまいを覚えたり、女性の場合は便秘などが慢性化している、男性の場合には年齢から来る勃起不全などと勘違いしやすく、症状が酷くなってから医療機関を受診し、検査の結果糖尿病と診断された場合には、糖尿病自体がかなり進行した状態となっている可能性が高いのです。

糖尿病性神経障害の治療として最も重要なことは、まず血糖値を正常範囲内にコントロールしてそれ以上糖尿病の症状が進まないようにすることです。

膵臓からインスリンが殆ど分泌されていない状態の場合には、インスリンの自己注射などを行って糖尿病を改善する事で、神経障害も軽減してきます。

糖尿病性神経障害の治療の要(かなめ)はとにかく早期発見、早期治療することにかかっています。

そのためにも、職場や地方自治体で行っている定期健康診断は必ず受けるようにしましょう。


PR




【関連記事】


→ 糖尿病の合併症
→ 糖尿病網膜症とは
→ 糖尿病腎症とは



ナビゲーション



  •