本文へスキップ

糖尿病腎症とは  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 糖尿病の基礎知識 > 糖尿病腎症とは

糖尿病腎症とは糖尿病の基礎知識


糖尿病腎症とは

人間が生きていく上で欠かせないのが代謝活動です。

代謝活動とは臓器や組織の機能を維持するために古い細胞が新しい細胞と入れ替わる活動のことですが、この時、二酸化炭素や様々な老廃物が生じます。

その老廃物を体外に排出させるために重要な役割を果たしているのが腎臓です。

腎臓は人体に左右2つあり、毛細血管が集まって出来た臓器で尿を作り出し、老廃物を体外に排出するための臓器です。

腎臓には血液をろ過するためのフィルターの役割を果たす糸球体という組織があります。

糖尿病になり慢性的に血糖値が高い状態になると、血液の粘度が高まり血栓が出来やすくなります。

糸球体も毛細血管が集まって出来ている組織ですので、血栓が出来ると簡単に詰まりを生じて、ろ過機能が低下してしまいます。

こうして腎臓の機能が低下してしまうのが糖尿病性腎症です。

健康な糸球体であれば健康維持に必要なタンパクなどが必要以上に漏れださないように調整されていますが、機能不全を起こした糸球体の場合は大量のタンパクが尿中に漏れだしてしまいます。

これが尿タンパクという病態です。

糖尿病にかかった人は尿検査でこの尿タンパクの値を調べることで糖尿病性腎症の状態をチェックします。

糖尿病は膵臓の病気で目立った自覚症状が無いためサイレントキラー(沈黙の暗殺者)と呼ばれていますが、肝臓と腎臓も同様に機能不全を起こしても目立った自覚症状がありません。

したがって糖尿病の確定診断後は、食事療法や運動療法と合わせて尿検査によって糖尿病性腎症の状態をチェックする必要があるのです。

この病気が進行すると、腎機能障害を引き起こし更に進行すると慢性腎不全の状態になります。

腎機能障害では浮腫(むくみ)や倦怠感、排尿障害や頻尿などの症状を呈します。

この段階でも初期の状態なら糖尿病の治療のガイドラインに従い食事療法をメインとして運動療法などと合わせて血糖値をコントロールすることが治療のメインとなります。

しかし腎機能障害が進み慢性腎不全となると、毒素を体外に排出出来ない状態となり、命に関わる尿崩症やDICなどの病態になってしまうため、壊れた腎臓の代わりに人工透析によって血液をろ過する必要があります。


PR




【関連記事】


→ 糖尿病の合併症
→ 糖尿病網膜症とは
→ 糖尿病神経障害とは



ナビゲーション



  •