本文へスキップ

糖尿病の合併症   糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 糖尿病の基礎知識 > 糖尿病の合併症

糖尿病の合併症 糖尿病の基礎知識


糖尿病の合併症

この章では糖尿病の合併症についてもう少し詳しく説明していきますが、その前に何故糖尿病の合併症が大きくフォーカスされるのかについて説明していきたいと思います。

これは糖尿病に限った話しではありませんが、合併症というのはとても厄介な病気で、基礎疾患があるがために再発率が非常に高く、また治りにくい病気なのです。

合併症を引き起こした場合はケースバイケースで基礎疾患の治療を優先させたり合併症の治療を優先させたりするのですが、基礎疾患の治療に使っている薬が合併症には良くないケースやその逆もあるため、治療には細心の注意を要します。

こうした理由から合併症の予防は重要視されているのです。

特に糖尿病の合併症には、失明したり、壊疽によって四肢(手足)の切断を余儀なくされたり、静脈瘤破裂や心筋梗塞のように命に関わる様な重篤な状態に陥る、あるいは脳神経が冒されて昏睡状態に陥ったりする怖い病気が数多くありますので、糖尿病治療の時には特に注意して合併症のケアが必要となってくるのです。

それでは糖尿病の合併症について説明していきましょう。

まず糖尿病にかかっている人が注意しなければならない病気は、高血圧と動脈硬化症です。これらは関連性が非常に高く、かなりの高頻度で合併しているケースが認められています。

次いで他の合併症ですが、糖尿病を基礎疾患とした合併症は「糖尿病性○○」と表現されます。

数多く存在する糖尿病の合併症の中で特に注意しなければならないのが3大合併症と呼ばれる「糖尿病性網膜症」「糖尿病性腎症」「糖尿病性神経症」です。

この3大合併症については次章以降で詳しく説明していくこととします。

それ意外の合併症として大きなものが「大血管障害」と呼ばれるものですが、これは血管が詰まることで血流障害を引き起こして起こる病気です。

代表的なものには脳血管障害(脳梗塞、脳腫瘍、脳血管破裂)、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、静脈瘤、動脈瘤、糖尿病性壊死(血流不足で細胞が死んでしまい組織が腐ってくる病気)などがあります。

更に急性合併症として急性感染症、糖尿病性昏睡などがあり、胆石や高脂血症なども糖尿病の合併症としては良く知られています。


PR




【関連記事】


→ 糖尿病網膜症とは
→ 糖尿病腎症とは
→ 糖尿病神経障害とは



ナビゲーション



  •