本文へスキップ

糖尿病の診断基準  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 糖尿病の基礎知識 > 糖尿病の診断基準

糖尿病の診断基準 糖尿病の基礎知識


糖尿病の診断基準

それでは糖尿病の診断はどのようになされるのでしょう?

まず自覚症状から疑って診察を受け検査の結果で糖尿病が判明するというケースは非常に少ないといえます。

これは糖尿病には具体的な自覚症状が無いためです。

そこで糖尿病の発見に威力を発揮するのが定期検診です。

職場や地域(地方自治体)の行う健康診断や任意で受ける人間ドックなどが確実に糖尿病を発見するための決め手となります。

また糖尿病は生活習慣病ですので生活習慣が乱れている人や肥満気味の人は糖尿病のリスクが高まっていると考えても良いでしょう。

では次に具体的な糖尿病の診断方法ですが、これは血液を採取して生化学的検査という検査を行います。

この検査は血液に含まれる様々な成分を分析して標準値(正常値)と照らし合わせ、どの成分がどれだけ多いか少ないかを調べる検査です。

糖尿病の場合この生化学的検査の中でも特に血糖値が診断基準となります。

検査機関によって検査方法が若干異なりますので正常値の範囲にもばらつきがありますが、大体空腹時の血糖値が100mg/dl未満、食後2時間後の血糖値が140mg/dl未満であれば正常値だと言われています。

また空腹時の血糖値が126mg/dl以上、食後2時間後の血糖値が200mg/dl以上となると糖尿病確定診断の目安となります。

ここで注意が必要なのが血糖値を正確に測定するのは「空腹時」か「食後2時間以上経過」している必要があるということです。

血糖値は食事やおやつ、甘い清涼飲料水を飲むことで急激に上昇します。

その後膵臓からインスリンが分泌され血糖が2時間ぐらいかけて分解されていきます。

糖尿病はインスリンの分泌障害が原因の病気ですので食後2時間以上経過した状態で測定する必要があるのです。

したがって検査を受ける当日の心得として午前中の検査の場合は朝食を摂らずに軽く水分(甘い清涼飲料水はNGです)を摂るだけにし、午後の検査の場合には出来るだけ早い時間に朝食を済ませ、検査が終了するまでは昼食や甘い清涼飲料水は摂らないようにしましょう。

検査前の2時間は水分も極力摂らないようにするのが大切です。


PR




【関連記事】


→ 糖尿病とは
→ 糖尿病の種類
→ 糖尿病の症状



ナビゲーション



  •