本文へスキップ

世界糖尿病デーとは  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 糖尿病の基礎知識 >世界糖尿病デーとは

世界糖尿病デーとは 糖尿病の基礎知識


世界糖尿病デーとは

糖尿病の患者数増加は日本だけの問題ではありません。

世界全体で見ると、全世界の成人人口の5~6パーセントに当たる約2億4600万人が糖尿病患者であり、その数は年々増加しています。

そして年間でおよそ380万人以上の人が糖尿病が原因となる合併症で命を落としていると言われていて、これは10秒に1人、世界のどこかで糖尿病が原因で死亡する人がいるという恐るべき数字なのです。

これを受けて世界的な動向としては、国際糖尿病連合(IDF)と世界保健機関(WHO)は、毎年11月14日を世界糖尿病デーとし、全世界規模でのキャンペーンを展開してきました。

この活動は2006年12月20日にIDFの要請を受け国連総会議に加盟する192カ国の全会一致で、「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が可決され、国連の公認行事として国連に加盟する国々で現在でも継続されています。

世界糖尿病デーでは「糖尿病との闘いのため団結せよ」というキャッチフレーズの下、国連をあらわすブルーをイメージカラーに、また団結をあらわす輪をモチーフにしたシンボルマークを採用し、世界規模での糖尿病抑制を目標としたキャンペーンを推進しています。

日本での具体的な取り組みとしては、世界糖尿病デー当日の11月14日に全国各地でブルーライトアップキャンペーンを行い、イベント会場をシンボルカラーのブルーでライトアップし、糖尿病の認知と抑制に対する取り組みをアピールする催しや、同日に医師による糖尿病の無料相談、パネルディスカッション、食事療法についてのワークショップ、NPO法人による糖尿病患者とその家族へのサポートの紹介、コンサートなどが全国各地の様々なイベント会場で催され、糖尿病に対する啓蒙活動を行っています。

また、こうしたイベント会場では啓蒙活動だけでなく、血糖値の無料測定等糖尿病の早期発見、早期治療を目指した具体的な取り組みも積極的に行われています。


PR




【関連記事】


→ 糖尿病のセルフチェック
→ 糖尿病でなぜやせる?
→ 生活習慣病を予防するには



ナビゲーション



  •