本文へスキップ

糖尿病になりやすい体質  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 糖尿病の基礎知識 >糖尿病になりやすい体質

糖尿病になりやすい体質 糖尿病の基礎知識


糖尿病になりやすい体質

糖尿病は膵臓の病気です。

したがって生まれつき膵臓に障害のある人は、糖尿病になりやすい体質の人と言えます。

また家族の中に遺伝性の糖尿病がある人は、その遺伝子を受け継いでいるので、糖尿病になりやすい体質だと言えます。

しかし、こうした遺伝を含めた先天性の糖尿病は全体の数パーセントにも満たないごく少数です。

多くのケースは生活習慣の乱れから来る糖尿病なのです。

したがって体質的に糖尿病になりやすい人を分類する時には、生活習慣の乱れている人と先天的に糖尿病のリスクがある人とを隔てる必要があります。

前者は境界型糖尿病やII型糖尿病の発症率が高く、後者は小児I型糖尿病の発症率が高いケースです。

それでは全体の95パーセント以上を占めると言われる生活習慣の乱れで体質的に糖尿病になりやすい人について見ていきましょう。

体型的に見ると、肥満の人は糖尿病の発症率が高まります。

また一見すると肥満ではありませんが、内臓に脂肪がたまっている内臓脂肪型肥満の人も同じです。

内臓脂肪型肥満を判断するには、医療機関や健康診断で腹部エコーやCTなどの画像診断を受ける必要があります。

ただし、普段から運動不足の人にはこの内臓脂肪型肥満の人が多いので、注意が必要だと言えるでしょう。

また飲酒量の多い人、喫煙する人も要注意です。

更に不眠症やストレスを受けやすい体質の人も、糖尿病の発症リスクが高いと言えます。

加えて加齢は糖尿病にとって大敵です。

60歳以上の高齢者の場合6人に1人の割合で糖尿病を発症するというデータが厚生労働省の調査で明らかにされています。

したがって、60歳以上の人は体質に関わらず意識して糖尿病の予防に努めるのが良いでしょう。

高血圧症や動脈硬化症、高脂血症など生活習慣病の既往がある人や現在治療中の人も糖尿病には要注意です。

これらの病気は糖尿病と密接な関連があるので、定期的に診察を受け医師の指示に従って生活習慣を改めるようにしましょう。


PR




【関連記事】


→ 糖尿病になりやすい条件とは?
→ 生活習慣病を予防するには
→ 糖尿病と遺伝



ナビゲーション



  •