本文へスキップ

糖尿病の種類  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 糖尿病の基礎知識 > 糖尿病の種類

糖尿病の種類 糖尿病の基礎知識


糖尿病の種類

私たちが普段良く耳にする糖尿病という病気ですが、この病気も他の多くの病気と同じように進行具合や状態によっていくつかの種類に分類されます。

それでは糖尿病にはどんな種類があるのかについて説明していきましょう。

糖尿病は大きく分類すると2つの型に分けることが出来ます。それを医学用語ではI型糖尿病とII型糖尿病と言います。

I型糖尿病とは膵臓からインスリンが殆ど分泌されていないか全く分泌されていない重症度の高い糖尿病です。

このI型糖尿病以外のものを総じてII型糖尿病と呼んでいますが、まだ糖尿病の確定診断までには到らないものの血糖値が判断基準値あたりを行ったり来たりしている状態を境界型糖尿病として分類しています。

境界型糖尿病と診断されると定期的に検査を受け血糖値の変動具合をチェックして糖尿病に移行しないように日常生活から注意することが望ましい状態ですのでII型糖尿病に準ずる状態と言えますね。

私たちが普段耳にする糖尿病とはこのII型糖尿病若しくは境界型糖尿病でこれらが糖尿病全体の95%以上を占めていると言われています。

よく親が糖尿病だと子供にも遺伝して糖尿病になるという話しを聞きますがこれは誤解で、遺伝性の糖尿病も無い訳ではありませんが全体から見ればほんの数%にも満たないごく僅かな確率です。

では、なぜこのような誤解が生じるかというと、その理由は糖尿病が生活習慣病だということに着目すれば分かります。

糖尿病は主に食生活の乱れと運動不足、寝不足等の生活習慣の乱れによって引き起こされます。

親が糖尿病である場合にはそうなる生活習慣を送っているからであって、当然子供も親と同じような食生活や生活習慣を送ることで発症リスクが高まります。

これがさも遺伝であるかのような誤解を生じさせているのです。

つまり親が糖尿病になるような生活習慣を送っていれば子供も糖尿病になりやすくなりますが、それはあくまで生活習慣の問題であって決して遺伝ではないということです。


PR




【関連記事】


→ 糖尿病とは
→ 糖尿病の症状
→ 糖尿病の診断基準



ナビゲーション



  •