本文へスキップ

糖尿病とコーヒーの関係  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 糖尿病の基礎知識 > 糖尿病とコーヒーの関係

糖尿病とコーヒーの関係 糖尿病の基礎知識


糖尿病とコーヒーの関係

糖尿病とコーヒーの関係には相反する研究結果が報告されています。

つまり、コーヒーに含まれるカフェインには血糖値を上昇させる作用があるという報告と、コーヒーを長期的に摂取している人は糖尿病にかかりにくいという研究結果です。

これは一体どう言うことでしょうか?

いまだ糖尿病とコーヒーの因果関係については研究段階のことが多いのですが、これまでの研究の成果から分かっていることを紐解いていきましょう。

まずはコーヒーに含まれるカフェインの働きからです。

カフェインには覚醒作用があることはよく知られています。

これはカフェインに興奮物質が含まれているからなのですが、興奮状態も一種のストレス状態と言えます。

つまりカフェインを摂取することで一時的に血管が収縮して血圧が上昇します。

またコーヒー自体は低カロリーですが、ミルクや砂糖を入れて飲む場合には当然のことながら血糖値は上昇することになります。

ここだけに着目するとコーヒーは糖尿病にとってあまり良くない飲み物と言うことになりますが、コーヒー豆にはそれ以外にも様々な栄養素が含まれています。

まず最近注目を集めているのがコーヒーポリフェノールです。

ポリフェノールとは主に植物の皮の部分に含まれている色素成分の一種です。

植物はこの色素によって紫外線の悪影響や酸化といったものから種子や果肉を守っています。

赤ワインに含まれているポリフェノールはブドウの皮に含まれる成分ですが、これが高い高酸化作用を持ち、活性酸素の除去に役立つことはよく知られていますね。

そしてコーヒーポリフェノールにも同様の働きがあります。

さらにコーヒーポリフェノールには脂肪を分解する作用があることも解明され、最近ではダイエットフードとしても注目を集めています。

低カロリーなコーヒー豆ですが、焙煎することでオリゴ糖の含有率が増えることが明らかになっています。

オリゴ糖は腸の中で善玉菌を増やすための餌となる成分です。

コーヒーのこの成分に注目した便秘解消や腸の働きを整える効果のあるサプリメントなども開発されています。

加えてコーヒーは利尿作用も高く、排尿を促すことで血管を拡張させ血圧を低下させることにも役立つのです。

こうしたことからコーヒーを飲むことで一時的に血糖値が上がるという説も否定は出来ませんが、普段からコーヒーを飲むことで長期的には糖尿病など生活習慣病には良い作用を及ぼすことが期待されています。

ただし、コーヒーの飲み過ぎは興奮物質の作用が強まり、自律神経のバランスを乱す可能性があるので1日5杯程度が適当とされています。


PR




【関連記事】


→ 糖尿病とストレスの関係
→ 糖尿病とタバコの関係
→ 糖尿病になりやすい条件とは?



ナビゲーション



  •