本文へスキップ

糖尿病と妊娠  糖尿病早分かりサイト!糖尿病とうまく付き合うお手伝い

                          トップ > 糖尿病の基礎知識 > 糖尿病と妊娠

糖尿病と妊娠 糖尿病の基礎知識


糖尿病と妊娠

糖尿病と妊娠、調べてみるとこの両者には複雑な因果関係があることが最近の関係で分かってきています。

それを説明するためにはいくつかのケースに分ける必要があるでしょう。

まず第一に母親が糖尿病と診断されている場合に子供に遺伝するかどうかですが、これについては殆ど心配ありません。

母親の糖尿病が遺伝性の場合には注意が必要かもしれませんが、生活習慣病としての糖尿病であるなら、それが子供に遺伝することはまずありません。

ただし、将来的に子供が大人になった時に糖尿病になるような生活習慣は改める必要はあるでしょう。

次に女性が糖尿病の場合、妊娠することに何か悪影響があるかどうかについてですが、これにはいくつかの問題があります。

妊娠初期の時に母体の血糖値が高いと、胎児に先天性奇形が生じる可能性があるからです。

糖尿病の診断を受けている人は主治医と相談の上、血糖値を良好にコントロールしながら妊娠に臨むことが必要です。

また糖尿病が進行していて合併症を来している場合には、出産に母体がどこまで耐えられるかという問題があります。

例えば糖尿病性網膜症が既に増殖網膜症まで進行している場合には、眼科で網膜を安定させる治療を受けた後に妊娠可能な状態であるかどうかを判断しなければなりません。

また糖尿病性腎症や糖尿病性神経障害を合併している場合も、妊娠中はホルモンバランスの異常で代謝機能異常や神経症のような症状を来しやすくなるので、主治医と婦人科医師との協力を得ながら妊娠可能かどうかを判断しましょう。

ただし、糖尿病になると母体と胎児に必ず悪影響がでるという訳ではありませんので妊娠を諦める必要はありません。

II型の糖尿病や境界型糖尿病の場合、注意を払いながらであれば十分出産可能です。

最後にこれはちょっと意外かもしれませんが、妊娠が原因で糖尿病になるケースもあります。

これを妊娠糖尿病と言います。

何故、妊娠が原因で糖尿病になるかというのはまだ研究段階ですが、妊娠中のホルモン異常が原因で自己免疫にも悪影響を及ぼし、その結果として糖尿病を発症するのではないかと考えられています。


PR




【関連記事】


→ 糖尿病とストレスの関係
→ 糖尿病は完治するの?
→ 低血糖に気をつけよう



ナビゲーション



  •